登場順にご紹介しています。
エラリー・クィーン
記念すべき、第1回目の名作選に登場した名探偵が彼でした。原作でも『読者への挑戦』と言うのがあってゲーム形式になっています。そんな彼には色々と登場して頂いています。
Vol. 1 見えない証拠
Vol. 2 消えたシガレットケース
Vol. 4 ラスト・ゲーム
アンコール編Vol.1 見えない証拠
Vol.26 紫水晶の伝言(ダイイング・メッセージ)
Vol.29 魔女のブーケ
シャーロック・ホームズ
キング・オブ・名探偵のこの方。初期から登場しています。名探偵の中では一番古い年代1890年代に躍するので実は衣装も他の名探偵たちと少し違ってたりします。
Vol. 3 ソア橋の袂で
Vol.30 四人の目撃者
エルキュール・ポアロ
こちらも比較的、早くに登場したミステリーの女王が生んだ名探偵です。
Vol. 5 風変わりなクリスマスプレゼント
Vol.11 カルタゴ柩の秘密
Vol.21 大西洋に消えた100万弗
アンコール編Vol.3 奇妙なゲーム
Vol.33 天国と地獄
ミス・マープル
エルキュール・ポアロが登場したならこの方も登場!唯一の女性名探偵です。火曜倶楽部の形式は変わっていません。そのおかげ色んなマープルさんのお友達が登場しています。
Vol. 6 青いゼラニウム
Vol. 9 優雅な死の宣告
Vol.15 デザートは甘い殺意で
Vol..20 意外な贈り物
アンコール編Vol.2 親切な郵便
Vol.32 秘密のレシピ
明智小五郎
日本の名探偵としてはこの人はずせません!エラリー・クィーン、エルキュール・ポアロ、ミス・マープルと同時代に活躍した名探偵です。公演会場は洋館だったり和室だったり。
Vol. 7 暗黒星
Vol.13 消えた黄金狂
Vol.16 誘拐魔の予告状
Vol.24 紅の狂宴
Vol.28 石榴の罠
フェル博士
こんな名探偵はどう?とリクエストされて上演したのがこの名探偵。
Vol. 8 フーディーニになれなかった男
火村英生
現代日本の名探偵もやりたいね。と登場したのがこの方、有栖川有栖シリーズより火村英生。舞台が大阪だったり現代だったりするせいでとってもリアルな名探偵かも。
Vol.10 紅雨荘殺人事件
Vol.19 スイス時計の謎
Vol.22 不在の証明
Vol.25 動物園の暗号
Vol.27 ブラジル蝶の謎
Vol.31 英国庭園の謎
金田一耕助
この方も日本の名探偵としては有名ですね。なかなか彼に合う会場が見つけられないのが難点です。
Vol.12 幻夏の見返り死人
アルセーヌ・ルパン
名探偵ではないのですが…変幻自在な彼は毎回、カッコよく逃げていきます。いつ捕まるのでしょうか?
Vol.14 波斯星(ペルシアン・スター)の行方
Vol.18 男爵夫人の鳩紅玉(ピジョンブラッド)
スペシャル モルグ街の白昼夢
小林少年
明智先生の助手、小林くんです。先生がお留守の時には彼が事件を引き受けています。
Vol.17 秘められた恋文 
Vol.23 犬と岩