上演記録TOP 2003〜2004 2005 2006前半 2006後半 2007前半 2007後半 2008 2009 2010 2011 2012
2003年
エラリー・クィーン 
Vol.1 見えない証拠
 記念すべき第1回目の公演です!会場となったJazzShotBar街山荘は劇団メンバーでよく飲みに行っていました。ある時マスターが
『奥のパーティールームで芝居とかでけへん?』と言われ、『なんか考えます』と安請け合いをしたのがきっかけでした。
そして企画したのが飲食あり、喫煙ありのライブハウスで音楽を聴くようなスタイルの参加型ミステリーです。
 ゲームにしやすいと言うことでエラリー・クィーンの作品が選ばれ、さくさくと企画が進行しました。チラシもコピーみたいなものしか作らなかったのですが、途中でポストカードも作ったり。その時に何の気の迷いか『Vol.1』と書いてしまいました。企画当初は1回限りだったのに…。
色んな思いが詰まった第1回目作品です


【ストーリー】
ホテルで起こった殺人事件。宿泊客も足止めした中で捜査が行われる。但し、エラリー・クィーンの課外授業も一緒に。学生たちと一緒に事件現場に入って物証を調べ、容疑者に尋問します。エラリー先生より先に犯人を見つけ出してみせると学生たちは息巻きますがその結果は…。
学生たちとエラリーが事件現場で捜査中。
左から ウォルター・クレイン:田口淳(演劇集団芝居小舎) ジョン・バロウズ:安坂英治(立身出世劇場) ミス・アイクソープ:井上ゆきこ エラリー・クィーン:朝良晃三 左から ミス・アイクソープ:井上ゆきこ エラリー・クィーン:朝良晃三 アガサ・ロビンス:佐伯洋花 ウィリアム支配人:内田光雄
容疑者たち。この中の誰かが犯人?
左から  エラリー・クィーン:朝良晃三 ウォルター・クレイン:田口淳(演劇集団芝居小舎) ジョン・バロウズ:安坂英治(立身出世劇場) ミス・アイクソープ:井上ゆきこ 左から スパーゴ夫人:中西由佳 ジェイン・テリル:山田ニラ ウィリアム支配人:内田光雄 アガサ・ロビンス:佐伯洋花
作品データ
2003/12/4〜6 会場:JazzShotBar街山荘
出演◆山田ニラ 井上ゆきこ  内田光雄◆朝良晃 田口淳(演劇集団芝居小舎) 安坂英治(立身出世劇場) 佐伯洋花 中西由佳

2004年
エラリー・クィーン 
Vol.2 消えたシガレットケース
Vol.1の稽古中に知り合いのバーのマスターに話すと『うちでもやって』と言われて勢いに乗って気付くと次回公演が決まっていました。(笑)会場に合わせてトリックを準備しました。ここだから出来る作品です。
そして、竹越勝彦が入団して初めての舞台でした。またニドカオルもまだ他劇団の頃に初めて出演した作品です。

【ストーリー】
『ハリーが殺されたって?!』
事件現場に戻ってきたのは関係者が殺されたと思ったジョン・ルボック本人だった。どうやら被害者はジョンの双子の弟で間違えて殺されたらしい。ジョンの周りの容疑者に尋問中、ジョン本人もその現場で殺害された。エラリーを前に起こった2つ目の殺人事件。大胆不敵な犯人は誰?
竹越が登場したのはこのシーンだけでした。
左から ジョン・ルボック:小山建築(劇団暇だけどステキ) エラリー・クィーン:朝良晃三 マロリー・カーター:山田ニラ 左から オーキンズ:竹越勝彦 エラリー・クィーン:朝良晃三 マロリー・カーター:山田ニラ
こんな雰囲気のお芝居になりますのでスーツだけ持って来て下さい、と稽古前の撮影に集合した時は誰よりもこの時代の人になっていたと言うニドカオル。…エルキュール・ポアロ役決定の瞬間だったかも。 ただ今事件を再現中。
左から ベンジャミン・シュリー:ニドカオル(ふれねるかん) エラリー・クィーン:朝良晃三 マロリー・カーター:山田ニラ 左から フリス・フォレスター:松田陽子 シーマン・フォレスター:浦田克昭 ユースタス医師:天乃めぐみ マロリー・カーター:山田ニラ エラリー・クィーン:朝良晃三  ベンジャミン・シュリー:ニドカオル(ふれねるかん) ビリー・ハームズ:村井聖子(愛情難民)
作品データ
2004/3/24〜28 会場:DINING BAR53
出演◆天乃めぐみ 山田ニラ 竹越勝彦◆朝良晃三 浦田克昭 小山建築(劇団暇だけどステキ) ニドカオル(ふれねるかん) 松田陽子 村井聖子(愛情難民)

シャーロック・ホームズ
Vol.3 ソア橋の袂で
突っ走りながら次の名探偵を誰にしようかと考えてやっぱりこの方を出さないと。と言うことでシャーロック・ホームズです。ログハウスの会場とホームズの世界はとっても合っていました。
この時のアンケートには『ホームズの性格の悪さが素敵!』とありました。演じた本人は『褒められている気がしない』と落ち込んでいました。

【ストーリー】
『ある屋敷の殺人事件で無実の女性が裁かれようとしています。助けて下さい。』と言う手紙が彼に届いた。
アリバイ不完全、証拠・動機共に十分な彼女。犯行は否認、屋敷の誰もが彼女の無実を信じているのだが…。
お屋敷で揉めるのは男と女。夫と妻。
左から ニール・ギブソン:三笑楽 旅人 ジョイス・カミングス:柊あやか グレース・ダンバー:山田ニラ マリーア・ギブソン:辻田鯉絵(演劇カンパニー未来計画TOP) マーロウ・ベーツ:竹越勝彦 アリシア・ファーガスン:倉本仁美(感動Factory)
スコットランドヤードっぽい警官でしょう?
左から ジョン・ワトスン:ココロ(劇団大阪新撰組) コヴェントリー:和田明日介(テスカトリポカ) シャーロック・ホームズ:寺阪務 ジョイス・カミングス:柊あやか グレース・ダンバー:山田ニラ  左から ジョン・ワトスン:ココロ(劇団大阪新撰組) シャーロック・ホームズ:寺阪務 和田明日介(テスカトリポカ) 
作品データ
2004/7/7〜11 会場:JazzShotBar街山荘
出演◆寺阪 務 山田ニラ 竹越勝彦 柊あやか 倉本仁美(感動Factory) ココロ(劇団大阪新撰組) 三笑楽 旅人 辻田鯉絵(演劇カンパニー未来計画TOP) 和田明日介(テスカトリポカ) 

エラリー・クィーン
Vol.4 ラスト・ゲーム
そしてまたまたエラリー・クィーン登場です。今回はヴェリー部長刑事も登場しました。
この時、大阪は台風直撃となり、キャンセル続出でしたが、それでも2ステージで20数名はお越し頂きました。
それ以外にも前にこのシリーズに出演してくれた女優さんに赤ちゃんが生まれたりと、公演以外でも印象深いことがありました。

【ストーリー】
エラリー・クィーンにかかった一本の電話。『私、殺されるかもしれないんです。』現場に急行するも事件は起こった後だった。
残されたのはテーブルの上のトランプと被害者の妹の意味不明な言葉だけ…。エラリーは真相を突き止めることができるのか?
左から ブラッキー・アンドラス:天乃めぐみ ミニー・アンドラス:中川真美 前列左から ミニー・アンドラス:中川真美 ファニー:柊あやか プラウティ:竹越勝彦
テーブルの上のカード。これが事件に関係あるのか?ないのか?
左から ミス・ローズ:門野恵子 ヴェリー部長刑事:筒井祥仁(WOM BOX) クック博士:寺阪務 ミス・バゴット:山田ニラ 前列左から ヴェリー部長刑事:筒井祥仁(WOM BOX) エラリー・クィーン:朝良晃三
作品データ
2004/10/20〜24 会場:DINING BAR53
出演◆寺阪 務 天乃めぐみ 山田ニラ 竹越勝彦 柊あやか◆朝良晃三 筒井祥仁(WOM BOX) 門野恵子

エルキュール・ポアロ
Vol.5 風変わりなクリスマスプレゼント
Vol.2で初出演した時にエルキュール・ポアロが決定しました。ニドカオルのエルキュール・ポアロはここからスタートしました。
最近では有栖川有栖役をしている田中悟さんはこの作品が初参加です。そう言えばお客様の目の前で殺人事件を見せるのはこれしかないかも。(起こった後の事件現場を見せることはありますが)ちょっと珍しい作品です。

【ストーリー】
湖畔の静かなホテル。宿泊客は少し変わった人たちばかりだがハロルドはクリスマス休暇をのんびり過ごしていた。そんな中、ホテルに犯罪者が逃げ込んだと言うニュースを耳にし、少し不安を抱いていた。そしてある夜、彼は不覚にも殺人事件に巻き込まれてしまう。途方に暮れている彼にベルギー紳士が声をかけた。私なら貴方を助けられると思うのですが…。私の名前?エルキュール・ポアロと申します。
2003〜4年の5作品中メイドは4回登場。うち三回もメイドのワンピースとエプロンが登場しています。(笑)
左から ハロルド:寺阪務 エルキュール・ポアロ:ニドカオル(劇団スキピオ) ヘルツォ:森下淳志(劇団ころがる石) クレイトン:竹越勝彦 前列左から ハロルド:寺阪務 レンチ:鮎川美己 ステンプカ:柊あやか ライス:西山公英 エルジー:山田ニラ 
怪しげに登場したフィリップ。被害者はこの方です。 エルキュール・ポアロがハロルドに勧めているのはケーキです。劇団員柊が毎日手作りして持って来てくれました。
左から エルキュール・ポアロ:ニドカオル(劇団スキピオ) フィリップ:田中悟 左から ハロルド:寺阪務 エルキュール・ポアロ:ニドカオル(劇団スキピオ) 
作品データ
2004/12/1〜4 会場:BAR&DINING HIMAWARI
出演◆寺阪務 山田ニラ 竹越勝彦 柊あやか 鮎川美己◆ニドカオル(劇団スキピオ) 田中悟(ONE WAY TRIP) 西山公英 森下淳志(劇団ころがる石)
上演記録TOP 2003〜2004 2005 2006前半 2006後半 2007前半 2007後半 2008 2009 2010 2011 2012