上演記録TOP 2003〜2004 2005 2006前半 2006後半 2007前半 2007後半 2008 2009 2010 2011 2012
2006年前半
ミス・マープル
Vol.9 優雅な死の宣告
早々とマープルさんが2度目の登場!今回の火曜倶楽部の主催者はミス・マープルの甥であるレイモンド。それ以外の参加者は警察関係者のヘンリー・クリザリング。そして画家のジョイス・ランプりエール。新たな仲間で出題されたのはヘンリーの抱えている事件のことでした。そう言えばこの公演からステージ数がさらに増えました。休演日を挟むとはいえ6日間13ステージ。残念ながら?今では標準に近いステージ数になりました。
【ストーリー】
あるドイツ人の博士と4人の同居人。一見は穏やかに暮らしていたものの、博士は秘密結社・ブラックハントに命を狙われていた。ある日、指令は下され博士は殺害される。状況から内部の犯行と思われるものの、一切の手掛かりはなかった。博士の姪、博士の秘書、屋敷のメイドと使用人。いったい誰が…?
ジョイス、レイモンド、初参加の二人と出題者のヘンリー 遅刻したマープルさん。その理由はやっぱりお庭のお手入れにてこずったから。
左から ジョイス:柊あやか レイモンド:竹越勝彦 ヘンリー:浦田克昭 左から レイモンド:竹越勝彦 ミス・マープル:天乃めぐみ ジョイス:柊あやか ヘンリー:浦田克昭
博士の命が狙われている。―それ以外は楽しく穏やかに過ごしていた。 博士の秘書、チャールズはヘンリーが博士の警護のために送った部下でもあった。しかしこの中に犯人が…。
左から ドブズ:広瀬雅也 ゲルトルード:中川真美 チャールズ:大森仁視 グレタ:鎌田紀子 左から ゲルトルード:中川真美 ドブズ:広瀬雅也 ヘンリー:浦田克昭 グレタ:鎌田紀子 チャールズ:大森仁視
『ヘンリーさん、無実であることを証明するにはどうすればいいの?』『それは犯人を特定するより難しい…。』 『郵便物はこれだけ?』秘密結社からの指令がなかったか確認するヘンリー。
左から ヘンリー:浦田克昭 ゲルトルード:中川真美 グレタ:鎌田紀子 チャールズ:大森仁視 左から チャールズ:大森仁視 ヘンリー:浦田克昭 グレタ:鎌田紀子
『貴方だって疑われたくないでしょう!』人付き合いの苦手なドブズ。彼の口から意外な事実が…。 『これが宛名もない手紙?』宛名も差出人の名前すらない手紙。これは何の意味があるのか?
左から ヘンリー:浦田克昭 ドブズ:広瀬雅也 ゲルトルード:中川真美 左から ミス・マープル:天乃めぐみ レイモンド:竹越勝彦 ジョイス:柊あやか ヘンリー:浦田克昭
『この暗号から分かるのは…』ミス・マープルが真相を明かします! 手前は暗号。さあどうやってこの暗号は解読されるのでしょうか?
左から ミス・マープル:天乃めぐみ レイモンド:竹越勝彦 ジョイス:柊あやか ヘンリー:浦田克昭
作品データ
2006/2/21〜27 会場:BAR&DINING HIMAWARI
出演◆ミス・マープル:天乃めぐみ レイモンド・ウェスト:竹越勝彦 ジョイス・ランプリエール:柊あやか ヘンリー・クリザリング:浦田克昭 グレタ・ローゼン(博士の姪):鎌田紀子(神戸自由劇場) チャールズ・テンプルトン(博士の秘書):大森仁視(テスカトリポカ) ゲルトルード・シュワルツ(博士の屋敷のメイド):中川真美(本若) ドブズ・グリーン(博士の屋敷の使用人):広瀬雅也(劇団天悟)

2006年夏、4人の名探偵が連続して登場することになりました!
火村英生 
Vol.10 紅雨荘殺人事件 
四人の名探偵、トップバッターは現代日本を代表する有栖川有栖作品から火村英生です!
事件現場に火村先生の教え子である英都大学学生さんが集合!容疑者の尋問やら事件現場の確認やらと初めてのフィールドワークに誰もがドキドキしました!
またこの作品ではアリスが見たと言う映画の1シーンを映像で上演中に流れました。もちろん、箕面のお屋敷で撮影したものです。
【ストーリー】
紅雨荘の女主人が箕面の別宅で首つり遺体で発見される。船曳警部・森下刑事以下大阪府警が全力を挙げて捜査するも残された3人の子供、近所に住む従妹、いずれもどこか疑わしげで目撃情報ともかみ合わない。
船曳警部は森下刑事につぶやく。
『あかんな…。おい、先生方に連絡を。』
 
『映画のロケ地になった紅雨荘…きれいなお屋敷なんでしょうね。』『ええ、特に秋が…その屋敷の名前のように庭全体が燃えるようになって…。』事件と関係のない映画の話で盛り上がるアリス。 『一見、自殺のようなんですが…自殺を装った殺人事件のようです。』先生方に状況説明する船曳警部と森下刑事。
左から 火村:大澤真也 有栖川:田口淳 真広:門野恵子  前列左から 船曳警部:ことぶきつかさ 森下:谷越輝明 後列左から有栖川:田口淳 火村:大澤真也
被害者の子供たち。怪しげで仲もそれほど良くなさそう…。
左から 船曳警部:ことぶきつかさ 美津成:竹越勝彦 森下:谷越輝明 美香子:柊あやか 美樹彦:久家順平 火村:大澤真也 有栖川:田口淳
『その洗濯ロープはバルコニーにあったもんやと…』『人、1人支えるのは十分か。』『しかし、警察が来た時には遺体は降ろされていました』 『絨毯についている4つの丸い跡は?』『そのスツールのもんだそうです』
左から船曳警部:ことぶきつかさ 森下:谷越輝明 有栖川:田口淳 火村:大澤真也 左から 船曳警部:ことぶきつかさ 火村:大澤真也 有栖川:田口淳
『貴方のアリバイは成立するんです』『でも、私は乗ってないんです。』警察の得た情報をかたくなに否定する真広。認めれば容疑者から外れるのだが…。 『真広さんが自殺を図りました!』彼女が思いつめた理由は…?
左から 森下:谷越輝明 船曳警部:ことぶきつかさ 真広:門野恵子 有栖川:田口淳 火村:大澤真也 左から 森下:谷越輝明 火村:大澤真也 船曳警部:ことぶきつかさ 有栖川:田口淳
『このスツールに一つ誰のものか分からない指紋があったんです。』 『犯人を憎む理由?人を殺したいと思ったことがあるからだ。』
左から 森下:谷越輝明 美津成:竹越勝彦 船曳警部:ことぶきつかさ 美香子:柊あやか 美樹彦:久家順平 火村:大澤真也 左から 有栖川:田口淳 火村:大澤真也
作品データ
2006/5/21〜23 会場:アジアンダイニング Lei can ting(リー・ツァン・ティン)
出演◆火村英生:大澤真也(Shibaiya遊歩堂) 有栖川有栖:田口淳(MaturiCompany) 船曳警部:ことぶきつかさ(セクション・ブルヘッド) 森下刑事:谷越輝明 飯島美香子(被害者の長女):柊あやか 飯島美樹彦(被害者の長男):久家順平(兜走イプロ) 飯島美津成(被害者の二男):竹越勝彦 牟礼真広(被害者の従妹):門野恵子

エルキュール・ポアロ
Vol.11 カルタゴ柩の秘密
この夏2本目に登場するのはエルキュール・ポアロです。写真ではこちらのレストラン・ジーラソーレの公演分しかないのですがもう1箇所別の会場でも上演すると言うちょっぴりツアーな感じになりました。
そして、現在のミス・マープル役坂本さやかさんがここで初参加です!
【ストーリー】
『貴方を逮捕します!』ヘイスティングズが出席したサマ―パーティーの翌日、その会場にあった柩の中から遺体が発見された。スコットランドヤードはそこにいたすべての人間が容疑者とし拘束、困ったヘイスティングズがポアロに助けを求めた。
出かけたはずの被害者がどうやって殺され、柩に入れられたのか?
左から ポアロ:ニドカオル お客様 ウィンブルドン:竹越勝彦 ヴィクトリア:カシ ヘイスティングズ:田中悟
 
『自分の夫が殺されたのに良くも他の男と親しくできるわね!』夫のある身でも友人は多い被害者の妻・アビゲイル。 『君は節度という言葉をもう少し理解したほうがいいようだ。』気の多いアビゲイルに忠告する友人のマクラグレン中佐。
前列左から スーザン:百合崎ほたる ナサニエル:梅田裕介 アビゲイル:坂本さやか  左から アビゲイル:坂本さやか ナサニエル:梅田裕介 スーザン:百合崎ほたる ポアロ:ニドカオル ヘイスティングズ:田中悟 マクラグレン:美藤陽二
ようやく関係者が集められて事情聴取。 まずはレストランスタッフのヴィクトリアから。
左から アビゲイル:坂本さやか ヘイスティングズ:田中悟 ナサニエル:梅田裕介 スーザン:百合崎ほたる ポアロ:ニドカオル ウィンブルドン:竹越勝彦 マクラグレン:美藤陽二 ヴィクトリア:カシ 左から ポアロ:ニドカオル ヴィクトリア:カシ マクラグレン:美藤陽二
『貴方がやったんじゃないの?』誰にも動機があったのだが…。 『犯人はこの中にいます』
前列左から アビゲイル:坂本さやか ヴィクトリア:カシ 前列 ポアロ:ニドカオル
『帰らせて下さる!』必死でなだめる損な役回りのヤードの警官。 『この事件を起こす事が出来たのはたった一人しかいないんです。』
左から ポアロ:ニドカオル ヘイスティングズ:田中悟 マクラグレン:美藤陽二 アビゲイル:坂本さやか ヴィクトリア:カシ スーザン:百合崎ほたる ナサニエル:梅田裕介 ウィンブルドン:竹越勝彦 前列 ポアロ:ニドカオル
作品データ
2006/7/13〜18 会場:COMOCOMO(コモコモ) Cafe Restaurant Girasole(カフェレストラン ジーラソーレ)※江坂から現在は西天満に移転しました。
出演◆エルキュール・ポアロ:ニドカオル(劇団スキピオ) ヘイスティングズ:田中悟(ONE WAY TRIP)ウィンブルドン(警官):竹越勝彦 アビゲイル・セイヤーズ(被害者の妻):坂本さやか ナサニエル・トレイシー(被害者の友人):梅田裕介 スーザン・トレイシー(ナサニエルの妻):百合崎ほたる マクラグレン中佐(被害者の友人):美藤陽二 ヴィクトリア(レストランスタッフ):カシ
上演記録TOP 2003〜2004 2005 2006前半 2006後半 2007前半 2007後半 2008 2009 2010 2011 2012